The Motorcycle Song (In Album Arlo) – Arlo Guthrie

マイブームの「Arlo Guthrie」から「The Motorcycle Song (In Album Arlo)」です。
こういう曲好きです。

– The Motorcycle Song (In Album Arlo) –

アルログースリーによる語と音楽。
words and music by Arlo Guthrie.

私は、ピクルスが欲しくありません。
I don’t want a pickle.

ちょっと私のmotorsickleに乗りたくしてください。
Just want to ride on my motorsickle.

そして、私はむずがゆさが欲しくありません。
And I don’t want a tickle.

私が私のmotorsickle.に乗りたいので、
‘Cause I’d rather ride on my motorsickle.

そして、私は死にたくありません。
And I don’t want to die.

ちょっと私のmotorcyに乗りたくしてください。。 小です。
Just want to ride on my motorcy…cle.

昨晩遅く、先日でした。
It was late last night the other day.

私は、私が上がって、レイに会うと思いました。
I thought I’d go up and see Ray.

それで、上がりました。
So l went up.

そして、私はレイに会いました。
and I saw Ray.

レイが言うことができた1つのものだけが、ありました。
There was only one thing Ray could say.

この歌は、私が私のオートバイに乗っていた時についてあります。
This song is about the time that I was ridin’ my motorcycle.

山道に沿って行くこと。
Going down a mountain road.

時速150マイルで。
at 150 miles an hour.

遊ぶこと。
playin’

私のギター。
my guitar.

山道の一方で、a.がありました。
On one side of the mountain road there was a.

山。
mountain.

そして、向こう側で、何もありませんでした – そこで、ありました。
and on the other side there was nothin’ – there was.

空中の崖。
a cliff in the air.

現在。
Now.

あなたが行っているとき、I50マイルで山道を下ろしてください。
when you’re going down a mountain road at I50 miles.

1時間、あなたは非常に慎重でなければなりません。
an hour you gotta be very careful.

特にあなたが遊んでいるならば。
especially if you’re playin’

ギター。
a guitar.

特にそのギターがアコースティックギターであるならば。
Especially if that guitar is an acoustic guitar.

それがアコースティックギターであるので。
Because if it’s an acoustic guitar.

風圧はより大きいです。
the wind pressure is greater.

箱の上で、首側でより、いばってください。
on the box side than on the neck side.

そこにあります。
because there’s.

箱側の上のより多くのギター。
more guitar on the box side.

私は、注意を払っていませんでした。。
I wasn’t payin’ attention ..

幸運にも、私は山に入りませんでした – 私は、崖を調べました。
Luckily I didn’t go into the mountain – I went over the cliff.

私は、150マイル/時のわき道と500フィート下にで行っていました。
I was goin’ at 150 miles an hour sideways and 500 feet down.

同時に。
at the same time.

私は、終わりであるということを知っていました。
I knew it was the end.

私は見下ろしました。
I looked down.

私は、言いました、「わあ!いくつか。
I said ”Wow! Some.

つまずいてください」。
trip".

私は、それを考えました。。 よく、私はそれがそうであるということを知っていました。。 私は、それが私の最後であるということを知っていました。
I thought it…well I knew it was…I knew it was my last.

つまずいてください。
trip.

そして、世界の秒のままになっている私の最後で。
and in my last remaining seconds in world.

私は決めました。
I decided.

世界に1曲の最後の別れの歌を書くこと。
to write one last farewell song to the world.

新しいインクカートリッジを私のペンに置いてください。
Put a new ink cartridge in my pen.

紙を取り出しました。
Took out a piece of paper.

私は落ち着きました。
I sat back.

そして、私はしばらく考えました。
and I thought awhile.

それから、私は書き始めました:
Then I started writin’:

私は、ピクルスが欲しくありません。
I don’t want a pickle.

ちょっと私のmotorsickleに乗りたくしてください。
Just want to ride on my motorsickle.

そして、私はむずがゆさが欲しくありません。
And I don’t want a tickle.

私が私のmotorsickle.に乗りたいので、
‘Cause I’d rather ride on my motorsickle.

そして、私は死にたくありません。
And I don’t want to die.

ちょっと私のmotorcyに乗りたくしてください。。 小です。「。
Just want to ride on my motorcy …cle."

私は、それを知っていました。
I knew that.

歌が決して書いたことは、最高でありませんでした。
it wasn’t the best song l ever wrote.

しかし、私はそうしませんでした。
but I didn’t.

それを変える時間を過ごしてください。
have time to change it.

私は、非常に速く降りていました。
I was comin’ down mighty fast.

しかし、あなたとして、すべては知っています。
But as you all know.

そして、運命がそれを持って。
and as fate would have it.

私は、死にませんでした。
I didn’t die.

パトカーの上に着陸しました。
landed on the top of a police car.

そして、彼は死にました。
And he died.

私は車で走り去りました。
I drove away.

彼がいた道で。
on the road that he was on.

私は、叫びで町に入りました。
I came into town at a screamin’

時速175マイル。
175 miles an hour.

オートバイ歌を歌うこと。
playin’ the motorcycle song.

私は、町に入りました。
I came into town.

私は、私の自転車から降りてとびました。
I jumped off my bike.

自転車は迂回しました。
the bike went around.

それ自体による角。
the corner by itself.

単独で姿勢に関して上がりました。
went up on the stand by itself.

回されます。
turned.

離れてそれ自体。
itself off.

私は、私の友人まで歩きました。
I walked over to my friend.

彼は、食べてそこに立っていました。
He was standin’ there eatin’

ピクルス。
pickles.

私は、言いました、「やあ。
I said "Hi.

何がありますか?」、彼は私を中で見ました。
what’s happenin’?" He looked at me in the.

目と言われた「何もない」。
eye and said "Nothin’".

あなたは、そういう熱意でそれを歌わなければなりません。
You gotta sing it with that kind of enthusiasm.

あなたが正当であるのが好きにしてください。
Like you just.

警官を押しつぶしました。。
squashed a cop…

Mapping Guitar Sim(openlick)でギターフレーズを作ってみよう!