The City Of New Orleans – Arlo Guthrie

今日耳にしたアーティスト「Arlo Guthrie」から「The City Of New Orleans」です。
これ、なんとなく口ずさんでしまう曲ですね。

– The City Of New Orleans –

スティーヴグッドマンによって。
by Steve Goodman.

ニューオリンズ市に乗ること。
Riding on the City of New Orleans.

月曜日の朝が鉄道輸送するイリノイ本部。
Illinois Central Monday morning rail.

15台の車と15人の落ちつかないライダー。
Fifteen cars and fifteen restless riders.

3人のコンダクターと25袋のメール。
Three conductors and twenty-five sacks of mail.

南へ向かう冒険の旅に沿ったすべて。
All along the southbound odyssey.

列車カンカキープルアウトにします。
The train pulls out at Kankakee.

過去の家に沿ったロール。
Rolls along past houses.

農場とフィールド。
farms and fields.

名前がない電車を追い越すこと。
Passin’ trains that have no names.

年をとった黒人でいっぱいの貨物輸送作業場。
Freight yards full of old black men.

そして、さびられた自動車の墓場。
And the graveyards of the rusted automobiles.

良い朝アメリカ方法は、あなたです?
Good morning America how are you?

あなたでないのが、私を知っています、私はあなたの土地っ子です。
Don’t you know me I’m your native son.

私は、彼らがニューオリンズ市と呼ぶ電車です。
I’m the train they call The City of New Orleans.

日がされる500過ぎのマイルです。
I’ll be gone five hundred miles when the day is done.

老人がラウンジカーにある取引トランプゲーム。
Dealin’ card games with the old men in the club car.

ペニーは、1ポイント、得点を保っている誰でもあります。
Penny a point ain’t no one keepin’ score.

ビンが入る紙バッグを渡してください。
Pass the paper bag that holds the bottle.

車が床の下に地響きを立てて進んでいると感じてください。
Feel the wheels rumblin’ ‘neath the floor.

サンズオブポータープルマンとします。
And the sons of pullman porters.

そして、エンジニアの息子。
And the sons of engineers.

鋼でできている彼らの父の魔法の絨毯に乗ってください。
Ride their father’s magic carpets made of steel.

彼らの赤ちゃんが眠っている母。
Mothers with their babes asleep.

穏やかなビートに合わせて揺れています。
Are rockin’ to the gentle beat.

そして、レールのリズムは、彼らが感じるすべてです。
And the rhythm of the rails is all they feel.

ニューオリンズ市の夜間。
Nighttime on The City of New Orleans.

メンフィスで車を変えること。
Changing cars in Memphis.

テネシー。
Tennessee.

半分の帰り道。
Half way home.

我々が、朝までにそこにいます。
we’ll be there by morning.

ミシシッピ暗闇を通して。
Through the Mississippi darkness.

海に転がり落ちること。
Rolling down to the sea.

そして、すべての町と人々は、思われます。
And all the towns and people seem.

悪夢へと消えて行くこと。
To fade into a bad dream.

そして、レールがまだそうでない鋼は、ニュースを聞きました。
And the steel rails still ain’t heard the news.

コンダクターは、再び彼の歌を歌います。
The conductor sings his song again.

乗客は、反復句を喜ばせます。
The passengers will please refrain.

この電車のものは、消えている鉄道ブルースを得ました。
This train’s got the disappearing railroad blues.

おやすみなさい。
Good night.

アメリカ。
America.

お元気ですか?
how are you?

あなたでないのが、私を知っています、私はあなたの土地っ子です。
Don’t you know me I’m your native son.

私は、彼らがニューオリンズ市と呼ぶ電車です。
I’m the train they call The City of New Orleans.

日がされる500過ぎのマイルです。
I’ll be gone five hundred miles when the day is done.

Mapping Guitar Sim(openlick)でギターフレーズを作ってみよう!