Skin Game – Arena

名曲揃いの「Arena」から「Skin Game」です。
ちょっと痛い翻訳ですが。。

– Skin Game –

私が知っているものを知っていること。
Knowing what I know.

私は、決して行ったり来たりして結構でありません。
I’m never free to come and go.

しかし、私がドアを開こうとする時。
But when I try to open doors.

日光が床を攻撃するとき、私は火傷します。
I burn when daylight hits the floor.

いかさまをすること。
Playing the skin game.

青い炎を呼吸すること。
Breathing the blue flame.

いかさまをすること。
Playing the skin game.

見える所で。
In sight.

精神異常者。
insane.

私が知っているものを知っていること。
Knowing what I know.

私は、成長するために、スペースを探していました。
I’ve been looking for a space to grow.

そして、多分、私はあなたを自由の身にすることができるでしょう。
And maybe I can set you free.

はい、多分、私はあなたを自由の身にすることができるでしょう。
Yes maybe I can set you free.

いかさまをすること。
Playing the skin game.

青い炎を呼吸すること。
Breathing the blue flame.

いかさまをすること。
Playing the skin game.

見える所で。
In sight.

精神異常者。
insane.

私は、私が作った真空で生きるだけで満足しています。
I’m content to live in the vacuum I have made.

私自身のものの上の快適な存在。
A comfortable existence on my own.

世界の問題は、他が議論するために、そこにあります。
The problems of the world are there for others to debate.

私は、単独で私の時代に立ち向かうのを好みます!
I prefer to face my days alone!

私が眠る前にひざまずくこと。
Kneeling down before I sleep.

私が信じていた祈りを決して言いませんでした。
Never said a prayer that I believed.

ある日、あなたはわかります。
One day you’ll understand.

あれ、私はこの方法になりました?
Why have I become this way?

多分、それは運命のもう一つの気まぐれであるでしょう。
Maybe it’s another quirk of fate.

私のDNAに譲ること。
Yielding to my DNA

一人で生きようとしてください。
Try to live on my own.

もう一度電話中のささやきとして生まれ変わった。
Reborn once more as a whisper on the telephone.

それのすべてを恐れない。
Unafraid of it all.

あらゆる考え。
Every thought.

あらゆる夢。
every dream.

私は電話します!私は電話します!
I will call! I will call!

現在、私は一人暮らしをしています。
Now I’m living alone.

そして、私がそうであるすべては、電話でささやきです。
And all I am is a whisper on the telephone.

それのすべてを理解すること。
Making sense of it all.

あらゆる考え。
Every thought.

あらゆる夢。
every dream.

私は電話します!私は電話します!
I will call! I will call!

Mapping Guitar Sim(openlick)でギターフレーズを作ってみよう!